生命保険料の無駄を見直し安くする方法とは

生命保険料の無駄を見直し安く方法をお探しのあなた。
生命保険料を安くする相談が出来るサービスをご紹介します。

 

今、契約して支払ってる生命保険料が安いのか高いのか、それとも適正価格なのか悩む時があります。
生命保険料は高い金額の契約をしていると無駄なプランやオプションがあるかもしれません。
一方で、保険料が安いと十分な補償を受けることが出来ないかもしれません。

 

生命保険料が適正価格かそうでないかとは、あなたがご希望の補償が備わっているのかどうかなのです。
保険料の高い安いではないのです。

 

最適な補償が入っていなければ保険料は安いといえますし、あなたにとって不要な余計な補償があれば生命保険料は高いといえます。
保険料が高い場合は、無駄を見直して保険料を安くすることが大切です。

 

 

生命保険料を安く方法とは、

  • 掛け金を下げる
  • 不要な補償を削る
  • ファイナンシャルプランナーにアドバイスをもらう
  • ネット生命保険に乗り換える

このようなことが安くする方法として考えられます。

 

生命保険料を安く方法の1つ目の掛け金を下げるというのは、補償のランクを下げて受け取れる補償金の金額を下げることです。
2つ目の不要な補償を削るというのは、あなたにとって要らない補償を削るということです。
3つ目は、保険のプロであるファイナンシャルプランナーに相談すると最適なアドバイスがもらえるかもしれません。
ネット生命保険とはインターネット経由で契約やお申込みができる保険会社です。
ネット生命保険はコストをカットしていますので、掛け金が低くても補償が充実していることがあります。

 

しかし、各保険会社のパンフレットを見たり、代理店に行って話を聞いたり、ホームページなどでプランを確認したりしても面倒ですし、保険のプランって分かりにくいです。
生命保険会社AとBを比較しても最適なプランが見つからないことがあります。
生命保険はA会社のプランがいいけど、がん保険はB会社、入院保険は別の会社のプランが最適だったりします。
最適な生命保険を探すには、保険会社と各プランを比較検討してゆく必要があります。

 

面倒なので、今の生命保険料でいいかなとお考えなったかもしれません。

 

そこで、各生命保険会社の様々なプランを組み合わせて、あなたにとって最適な保険をご提示できるサービスをご紹介します。
しかも、相談は無料で出来ます。
生命保険料を最適なものに見直しをなさってみてはいかがでしょうか。

 

 

保険GATE

保険GATEは、複数の保険会社と取引のあるファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたにとって最適な生命保険をご提示します。
FPは独立系保険代理店の人なので、単一の保険会社からではなく複数のプランから最適なものをご提示出来ます。

 

特徴は、

  • 独立系代理店のFP
  • 無料相談が可能

 

保険GATEではファイナンシャルプランナーや担当者に無料相談をすることが可能です。
しかも何回か相談することが出来ます。
1回だけだと相談しきれないことや聞き忘れることがありますので、複数回できると安心です。
こうすることによって生命保険料を安くする方法が見つかるかもしれません。

 

保険GATEはなぜ無料相談が出来るのかというと、契約が成約した場合保険会社から保険GATEとFPに手数料が支払われますので、あなたは負担ゼロでサービスが利用出来ます。

 

これから生命保険に加入をする方は、保険料が最適なプランにご加入できるかもしれません。
すでに生命保険に加入している方が、保険料の見直しをする場合は安くすることが出来るかもしれません。
生命保険料が安くすることが出来れば、月々の掛け金を支払う負担を減らす事が出来ます。

 

しかし、すでにご加入している方は今契約しているプランが最適なのかもしれません。
保険GATEは、保険会社から成約の場合に手数料が入るので無料で利用できると話ましたが、見直しをする必要がない場合は無理に乗り換えを提案しません。
今の保険が最適な場合は、継続するように提案されます。

 

ご利用の流れ

@以下のバナー(ボタン)をクリック・タップして保険GATEのページに進みます。
Aそのページに黄緑色の「無料相談申込み」というボタンをクリック・タップします。
B申し込みフォームがありますので、必要事項を入力します。
C保険GATEから電話連絡がありますので、FPと相談希望日程を決めます。
Dご希望の日程や場所でFPに相談をすることが出来ます。

 

 

生命保険の種類

生命保険には種類があります。
各種の生保について説明をします。

 

死亡保険

保険の対象者となる方が亡くなった際に支払らわれる生命保険です。
補償される期間が決まっているものと、対象者が亡くなるまでのものがあります。

 

医療保険

保険の対象となる方が特定の病気にかかったり、怪我をした際に給付金が支払われる保険です。
掛け捨てのタイプと払戻金があるタイプがあります。
補償される期間が決まっているものと、終身のタイプがあります。
病気や怪我が原因で働けなくなった時の補償をする保険もあります。

 

介護保険

介護が必要な状態になった時に支払われる保険です。
まとまった金額が支払われるものと、細かな金額が分割して支払われるタイプがあります。

 

死亡補償付き生存保険

保険期間中に亡くなっても、保険満了時に生存していても支払われる保険です。
貯蓄性がある保険となっています。
養老保険や個人年金保険もこの部類に入ります。

更新履歴